友人と話していて脚やせする話題がでたので、それについて書いてみます。

だいたい脚が太くなる原因は、脚を流れるリンパと血液の流れが悪くなることです。

脚の血液の流れが滞ると、必要な酸素や栄養(ビタミンやミネラル)が送られなくなります。

例えば、脂肪を燃やすには酸素が必要です。

脂肪を燃やすための栄養(ビタミンやミネラル)も必要になります。

それで、血液の流れの乱れで脚に酸素や栄養が届かなくなると、脂肪を消費するのに必要な酸素や栄養が不足します。

ですから、脚の脂肪だけが減らないので、あしが太くなってしまうのです。

しかも、脚のリンパの流れが乱れると脚の毒素や老廃物を体の外に出すことができなくなります。

つまり、毒素や老廃物はリンパによって血液まで運ばれ、尿とともに体外に排出されます。

それで、脚のリンパの流れが悪くなると、あしの細胞の毒素や老廃物がたまってしまいます。

結果的に毒素や老廃物は脂肪消費を妨げることになります。

そこで脚の脂肪が燃えにくくなるのであしが太くなってしまうのです。

バランスボールを使うとあしの筋力を強化できます。

脚の筋力の強化で、血液を流す力が強くなります。

血流が良くなるので、、脚痩せの効果が期待できるのです。

例えばバランスボールに座るときには、骨盤からひざまで一直線になるように座る。

つまり、骨盤の上にしっかり体を乗せます。

背筋は真っすぐ伸ばしましょう。

脚やせには骨盤のゆがみを治し、脚に筋肉を付けるトレ-ニングをすればいいわけです。

広告